*お知らせ*
インドで旅行会社を経営しています^ ^
現地プライベートツアーやeツーリストビザ取得代行、列車チケット手配代行などなど、インド旅行に関する様々なサービスを提供しております。お気軽にお問い合わせください!

【朗報】インド好き必見!eツーリストビザの有効期間がなんと5年に!!!!!

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅やインドに関する情報を発信しながら、大好きなインドで旅行会社を設立。eビザ代行、オーダーメイドツアーなどの旅行サポートサービスを提供!


yukinko
インド好きの皆さま!ビッグニュースです!!
2019年8月末〜eツーリストビザの有効期間がなななななんと!5年間になったようです!

とても嬉しいニュースなのですが、まずはインドに住んでいながらこんなビックニュースのキャッチアップが遅れたこと、お恥ずかしい限りでございます。お伝えするのが遅れてしまい申し訳ございません(>_<)

今年の3月にeツーリストビザ&eビジネスビザの有効期間が、60日間から365日間へと大幅な改定があったばかりだったので完全に油断していました。。。そのわずか5ヶ月後にeツーリストビザにまさかの変更。365日間の有効期間が一気に5年に延びるとは、、、

さすがインド!クレイジー!!笑

そのうち観光のビザなし入国が可能になるかもしれないですね!何はともあれとてもハッピーなことですので、どのような変更点があったのか解説したいと思います。

 

観光でインドを訪れる際、日本国籍の私たちが取得可能なビザは

①観光ビザ
eビザ
③アライバルビザ

と、全部で3つあります。

それぞれ取得方法や条件に違いがありますが、今回はeビザ(事前にオンラインで申請、ETAというビザ発給承認を得てから入国審査を受けるビザ)の一部の条件が、引き続き大幅に改善されました!

本日のテーマ
インドのeビザの改善点&詳細!!

eビザの変更点

eビザの渡航目的は以下の5つです。

1.観光や知人訪問(e-Tourist Visa)
2.短期商用(e-business Visa)
3.会議参加(e-Conference Visa)
4.短期の病気治療(e-Medical Visa)
5.短期治療付き添い(e-Medical Attendent Visa)

今回大幅な条件改善があったのは渡航目的が

観光や知人訪問

おそらくみなさんに1番関係のあるeツーリストビザです。

具体的な変更点は以下の通りです。

変更前変更後
ビザ有効期間365日30日/1年/5年から選択※1、2
入国可能回数MultipleMultiple(回数制限なし)※3、4
ビザ申請料25USドル1年/5年:25USドル、30日:4〜6月→10USドル、7〜3月→25USドル

※1→有効期間はインド入国日からではなくビザ承認日からの日数です。
※2→インドでの各滞在は、連続日数180日を超えてはいけません。
※3→上記ビザ有効期間内に限ります。
※4→30日ビザの場合はDouble(2回まで)

ご覧の通り、今まで365日間だったeツーリストビザの有効期間がなんと一気に5年の申請が可能になったのです!!

今後のインドビザの選択

eツーリストビザのさらなる有効期間の改善によって、私個人的には『観光でインドに訪れるのならeビザ一択』という感じで考えています。

インドが大好きで毎年訪れている、もしくは定期的に訪れていると言う方には朗報中の朗報、5年なんてまたインドに来るかどうかもわからないし…という方でも、1年だろうが5年だろうが申請料も手間も同じなので5年もらっておいてもまったく損はありません。

eビザ指定空港以外からの入国、陸路入国の方は「観光ビザ」を選択

eツーリストビザの入国が可能なのは現時点(2019/10)では28空港、5港に限られていますので、それ以外の空港、もしくはインドへ陸路入国をされる方は「観光ビザ」を取得するしかありません。それ以外の方でしたら、東京インド大使館または大阪総領事館へ直接出向くor書類を郵送して取得しなければいけない手間のかかる観光ビザよりも、オンラインで申請できるeツーリストビザの方が圧倒的に手軽で条件がいいです。

急なインド渡航は「アライバルビザ」を選択

eツーリストビザはインド入国の4日前までにオンライン申請を終えなければいけないので、急な渡航が決まってしまった場合はアライバルビザを選択ください。ただし、入国可能空港が現時点(2019/10)では6空港に限られること、滞在日数が最大60日という点には注意が必要です。海外旅行が急に決まるということはあまりないと思いますので、総合的に見て圧倒的に条件・バランスのいいeツーリストビザを事前申請されるのが1番だと思います。

▼こちらの記事で観光でインドを訪れる際に取得可能な3つのビザを比較していますので、ぜひご参考ください。

徹底比較!インド旅行に必要なビザの選び方!【観光ビザ、e-touristビザ、アライバルビザ】

インドで長期滞在を考えている方、定期的にインドを訪れる方にとっては特に朗報すぎる今回のeツーリストビザの大幅改善。

“インドビザ=面倒臭い”

“インドビザ=ややこしい”

そう言われていますが、インドビザは確実に条件緩和、優遇されてきていますので、これからもっともっと多くの方にインドに来ていただきたいです!そしてインドを好きになってくれたら嬉しいです(≧∀≦)

eツーリストビザの取得方法はこちらから↓

【2019年10月最新版】インド『eツーリストビザ』の取得方法を徹底解説!

2018年2月11日

その他のビザの取得方法はこちらから↓

【2019年最新版】インド『観光ビザ』の取得方法を徹底解説!

2018年2月14日

インド在住者が解説!インド『アライバルビザ』の簡単取得方法!

2017年12月24日










YUKINKO BLOGをご覧の皆さま
いつもありがとうございます。

もしもこの記事が役に立った!気に入った!という方がいらっしゃいましたら、サポートをしていただけたら嬉しいです(≧∀≦)


【Amazonギフト券(Eメールタイプ)】
受取人(ゆきんこ)のEメールアドレスとご支援金額の二箇所を入力するだけです。
●ゆきんこのEメールアドレス:yukinkoblog55★gmail.com
(お手数ですが入力する時は★を@に変えてください。)
●手数料不要、15円から送ることができます!
(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定ですので気になさらないでください)
●匿名で送ることも可能です!

今後も少しでも皆さまにお役立ていただけるような記事をシェアしていきたいと考えています。よろしくお願いいたします(≧∀≦)



インドでお困りのことはございませんか?


自分の知識や経験が誰かの役に立ち、誰かの経験や可能性を広げることに繋がったら最高に嬉しい。インドへ移住して2年、今後は大好きなインドで様々なサービスを提供していきます。インド旅行に不安がある方、サポートを必要とする方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!!

LINEでもお問い合わせを受け付けております!お気軽にどうぞ!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅やインドに関する情報を発信しながら、大好きなインドで旅行会社を設立。eビザ代行、オーダーメイドツアーなどの旅行サポートサービスを提供!