【2018年最新版】インド『eツーリストビザ』の取得方法を徹底解説!

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!




観光でインドを訪れる場合、取得可能なビザの選択肢は

観光ビザ、eツーリストビザ、アライバルビザと、全部で3つあります。

各ビザの取得方法や滞在条件などが異なるため、ご自身のインド滞在スタイルに合わせて最適なビザを選択する必要があります。

この記事はその中から“eツーリストビザの取得方法”について書きますので、まだビザの選択がお済みでない方は「ビザの選び方!」の記事を合わせてご確認されることをオススメします。

徹底比較!インド旅行に必要なビザの選び方!【観光ビザ、e-touristビザ、アライバルビザ】

2017.12.23

本日のテーマ
安心楽チン!インドのeツーリストビザ取得方法!!

注:インド入国の際の空港によってはeツーリストビザを取得きないケースもありますのでよくご確認ください。

e-tourist VISA(eツーリストビザ)とは

e-VISAはインドに入国する4日前までにオンラインでビザを申請、ビザ発給承認を取り付けておき、インド到着時に生体認証を経てインドに入国する方法です。インドビザは突然変更になることもあるので、到着後にビザを申請するアライバルビザよりも確実性が高いこと、また入国審査にかかる時間を短縮できるというメリットがあります。

滞在可能日数 入国日から60日間
入国可能回数 2回(病気治療は3回)
渡航目的 1.観光や知人訪問
2.短期商用
3.短期の病気治療
取得可能空港(24空港) デリー(Delhi)、ムンバイ(Mumbai)、チェンナイ(Chennai)、コルカタ(Kolkata)、ハイデラバード(Hyderabad)、バンガロール(Bengaluru)、トリバンドラム(Trivandrum) 、コーチン(Cochin)、ゴア(Goa)、アーメダバード(Ahmedabad)、アムリトサル(Amritsar)、ガヤ(Gaya)、ジャイプール(Jaipur)、ラクナウ(Lucknow)、ティルチラパリ(Tiruchirapalli)、バラナシ(Varanasi)、バグドグラ(Bagdogra)、カリカット(Calicut)、チャンディーガル(Chandigarh)、コインバートル(Coimbatore)、グワハティ(Guwahati)、マンガロール(Mangalore)、ナグプール(Nagpur)、プネー(Pune)
ビザ申請料 25USドル(VISA or Master Cardのカード決済)
その他のビザ発給資格
  • インド国内に住居を持たず、また就労もしていない
  • 有効期限が6か月以上のパスポートを所持している
  • パスポートの余白が2ページ以上ある
  • 良好な財政状況にある方(帰国便のチケットの提示)
  • インド政府によって好ましくない人物とみなされない
注意事項 1.パキスタン国籍やパキスタン出身ではない
2.外交・公用パスポートを所持していない
3.滞在期間の延長や他のビザへの変更は不可
注意
・インド出国の際の航空券が必要です
・eツーリストビザを申請できるのは1年(1〜12月)に2回までです
・入国可能期間は、申請日/承認通知日から約120日以内に入国するよう設定され、その期間内にインドに入国しないと、e-VISA承認は消滅します。

eツーリストビザの申請方法

準備するもの

①顔写真(カラー)
データサイズ:10KB〜1MB
サイズ:350px × 350px以上
フォーマット:jpeg
背景色:白

②パスポートの顔写真ページ
フォーマット:PDF
サイズ:10KB〜300KB

③クレジットカードorデビットカード(VISAかMaster Card)
ビザ申請料25USドルの支払いはクレジットカード、デビットカード、もしくはpaypalのオンライン決済となります。

補足
・写真は証明写真機で撮影したものをデータで受け取ってサイズなどを調整するといいと思います(背景色は必ず白を選択)
・パスポートの顔写真ページはプリンターでスキャンするかコンビニのコピー機を利用するといいかもしれません

オンライン申請

ビザのオンライン申請はコチラから→INDIAN VISA ONLINE

▼1番右の“e-VISA”をクリック

▼1番左の“e-Visa Application”をクリック

▼ここから具体的な内容を入力していきます。
※入力項目が多く大変ですがめげずに頑張りましょう!!

【1ページ目】
=基本情報
・Passport Type…パスポートの種類
一般パスポートの方はOrdinary Passport選択します(ほとんどの方がこちらに該当するかと思います)
・Nationality…国籍
日本国籍ならJAPAN
・Port Of Arrival…インド入国時の空港
ここに出てこない空港を利用する方は、eツーリストビザを利用することはできません。
・Date of Birth…誕生日
・Email ID…Eメールアドレス
ビザの申請完了や受け取りがこのメールアドレスで行われます。必ず正しいメールアドレスを登録しましょう。
入力したアドレスは自動的に大文字に変換されますが気にしなくて大丈夫です。
・Re-enter Email ID…Eメールアドレスを再入力
・Expected Date of Arrival…インド入国予定日
・Visa Service…ビザの種類
観光で訪れる場合はe-TOURIST VISA を選択し、RECREATION/SIGHT-SEEING(観光)、MEETING FRIENDS/RELATIVES(友人や親戚に会う)、SHORT TERM YOGA PROGRAMME (短期間のヨガプログラム)からいずれかを選択。
・enter Above text…上に表示されている数字やアルファベットを入力
判読が難しい場合は緑矢印をクリックして、新しいコードを表示しましょう。

入力が完了したら、
I have read the instructions ,I have all the required documents in scanned pdf format and photograph in jpg/jpeg format. (私は指示を読み、すべての必要な文書(パスポート顔写真ページ)をスキャンしたPDFと顔写真をJPG形式で持っています。)
ここにチェックを入れてContinue(次へ)をクリック。

 

※画面が切り替わったら上にApplication IDが表示されます。英数字15文字、赤字で表示されるそのIDは必ずどこかにメモを取りましょう!入力を一度中断したい時や何かのトラブルで中断してしまった時にこのIDを入力すれば途中から続けることが可能です。

【2ページ目
申請者情報の登録
・Surname…パスポートに記載の名字
・Given Name/s…パスポートに記載の名前
・Have you ever changed your name? If yes, click the box  and give details.
(名前を変更したことがありますか?ある場合は、チェックボックスをクリックしてください)
以前の苗字と名前を入力する欄が表示されるのでそれぞれ入力します。
・Sex…性別
Male(男性)、Female(女性)、Transgender(トランスジェンダー)
・Town/City of birth…生まれた町
・Country of birth…生まれた国
・Citizenship/National Id No.…市民/国民番号
NAと入力。
・Religion…宗教
BAHAI(バハイ教)、BUDDHISM(仏教)、CHRISTIAN(キリスト教)、HINDU(ヒンドゥー教)、ISLAM(イスラム教)、JAINISM(ジャイナ教)、JUDAISM(ユダヤ教)、OTHERS(その他)、PARSI(パルシー教)、SIKH(シク教)、ZOROASTRIAN(ゾロアスター教)
無宗教の場合はOTHERS(その他)を選択、下段にNAと入力します。
・Visible identification marks…外見の特徴
緊急時の本人確認のため、額の傷や目立つホクロ、ペースメーカー使用など。特に目立った特徴がなければNAと入力します。
・Educational Qualification…最終学歴
BELOW MATRICULATION(中学生)、GRADUATE(大学卒業)、HIGHER SECONDARY(高校・専門・短大卒業)、ILLITERATE(無教育・読み書きが困難)、MATRICULATION(中学校卒業)、NA BEING MINOR(小学生以下・未就学児)、OTHERS(その他)、POST GRADUATE(大学院卒業)、PROFESSIONAL(博士号)
・Nationality…国籍
申請画面一ページ目で入力した国籍が、自動で入力され、ここでは変更できません。
・Did you acquire Nationality by birth or by naturalization?(国籍を変更したことがありますか?)
BY BIRTH(生まれたときから同じ国籍)、Naturalization(帰化している:下段で以前の国籍を選択する)
・Prev. Nationality…以前の国籍
上の質問でNaturalizationを選択した場合のみ選択できます。
・Have you lived for at least two years in the country where you are appliying visa?(ビザを申請作業しているその国に2年間以上住んでいますか?)
日本にお住まいの方は日本に2年以上住んでいますか?という質問です。

Passport Details(パスポート情報)=
・Passport No.…パスポート番号
・Place of Issue…取得した都市
・Date of Issue…発行日
・Date of Expiry…有効期限
・Any other valid Passport/Identity Certificate held?(他にも有効なパスポートを持っていますか?)
Yes(はい)、No(いいえ)から選択します。Yesの方のみ、下の項目にも入力します。
・Country of Issue…発行した国
・Passport/IC No.…パスポート番号
・Date of Issue…発行日
・Place of Issue…発行した都市
・Nationality mentioned therein…そこに書かれている国籍

このまま入力を続ける方→Save and Continue
一旦終了する方→Save and temporarily Exit

注意
Save and Continueをクリックしても次のページに進めずせっかく入力したものもすべて消えてしまう不具合がある、というような情報をいくつも目にしましたが、私はContinueで最後まで普通に進められました。(2018年2月)
もしもうまくいかない場合は一旦セーブをして終了してから続きを始めましょう。

▼セーブをしたあとまた続きを始める場合

左から2番目、“Complete Partially Filled Form” をクリック

“Temporary Application ID”に控えていた英数字15文字を入力、その下に表示されている英数字を正しく入力し、Complete Partially Filledをクリックすると自分の入力画面に戻ることができます。

 

【3ページ目

=Present Address(現住所)=
・House No./Street…住所
・Village/Town/City…市町村
・State/Province/District…都道府県
・Postal/Zip Code…郵便番号
・Country…国名
・Phone No.…電話番号
・Mobile No.…携帯電話番号
・Email Address…メールアドレス
1ページ目で入力したメールアドレスが表示されています。このページでの変更は不可です。
・Click Here for Same Address…現住所が同じ場合、チェックを入れます。本籍が自動入力されます。

補足
郵便番号、電話番号はー(ハイフン)なしで入力 しましょう!

=Permanent Address(本籍)=
・House No./Street…住所
・Village/Town/City…市町村
・State/Province/District…都道府県

=Family Details(家族情報)=
【Father’s Details(父親)】
・Name…氏名
・Nationality…国籍
・Previous Nationality…国籍を変えている場合、以前の国籍
・Place of Birth…生まれた場所
・Country of Birth…生まれた国

【Mother’s Details(母親)】
・Name…氏名
・Nationality…国籍
・Previous Nationality…国籍を変えている場合、以前の国籍
・Place of Birth…生まれた場所(都道府県)
・Country of Birth…生まれた国

Applicant’s Marital Status…婚姻状態=
Married(既婚)/Single(独身)
既婚の場合Spouse’s Details(配偶者情報)を登録
・Name…氏名
・Nationality…国籍
・Previous Nationality…国籍を変えている場合、以前の国籍
・Place of Birth…生まれた場所(都道府県)
・Country of Birth…生まれた国

・Were your Grandfather/ Grandmother (paternal/maternal) Pakistan Nationals or Belong to Pakistan held area.
(祖父母に、パキスタン国籍の人がいますか?もしくは、パキスタン領にいたことがありますか?)
Yes(はい)、No(いいえ)

・If Yes, give details…Yesの場合は詳細を書きます。

Profession / Occupation Details of Applicant(申請者の職業)
・Present Occupation…現在の職業(無職でも前職のことで構わないので必ず記載しましょう)
・Employer Name/business…雇い主の名称/会社名・屋号(前の職場でも構わないので必ず記載しましょう)
※当てはまるものが無い場合、空欄に入力する。
※UN-ENPLOYED(無職)やHOUSEWIFE(主婦)などを選択された場合も必ず記入しましょう。
・Designation…役職
※役職がなくてもOFFICE WORKERなど、空欄にせずなにか入力すること。
・Address…会社住所
・Phone…電話番号
・Past Occupation, if any…あれば、前職
・Are/were you in a Military/Semi-Military/Police/Security. Organization?(軍や警察関係組織に属していますか/いましたか?)
Yes(はい)、No(いいえ)

このまま入力を続ける方→Save and Continue
一旦終了する方→Save and temporarily Exit

【4ページ目】

Details of Visa Sought 申請するビザについて
・Type of visa…ビザの種類
e-VISA、変更できません。
・Visa Service…ビザの種類
eTOURIST VISA、変更できません。
・Places likely to be visited…訪問予定の場所
インド国内の訪問予定地を入力します
・Places to be visited line 2…訪問予定の場所2
・Duration of Visa(in Days)…ビザの期間
60Days、変更できません。
・No. of Entries…入国回数
Double、変更できません。
・Port of Arrival in India…インド入国予定空港
1ページ目で選択した空港が表示されています。変更できません。
・Expected Port of Exit from India…インド出国予定空港

Previous Visa/Currently valid Visa Details 前回取得したビザの情報
・Have you ever visited India before?(これまでインドを訪問したことがありますか?)
Yes(はい)、No(いいえ)
Yesの方は以下入力。
・Address…滞在した住所
前回宿泊したホテルの住所を書きます。
・Cities previously visited in India…訪問した都市名
・Last Indian Visa No/Currently valid Indian Visa No.…前回取得したビザの番号
ビザ番号の表記にご注意ください!数字の前の2文字のアルファベットも必ず入力してください。
・Type of Visa…ビザの種類
・Place of Issue…発給地
国名ではなく地名です。日本の場合はTOKYO もしくは OSAKA。
・Date of Issue…発給日
Has permission to visit or to extend stay in India previously been refused?(インド入国/滞在の延長を拒否されたことがありますか?)
Yes(はい)、No(いいえ)

・If so, when and by whom (Mention Control No. and date also)
上の質問でYesの場合、こちらに拒否された時期、担当者、管理No等を入力します。

Other Information その他の情報
・Countries Visited in Last 10 years…この10年間で訪れた国名
多過ぎる場合は一部でも問題ありません。私は適当に選んだ10か国ぐらいを記入しています。

SAARC Country Visit 南アジア地域協力連合国への滞在について
・Have you visited SAARC countries (except your own country) during last 3 years?(この3年間に、南アジア地域協力連合国に渡航しましたか?)
南アジア地域協力連合国:パキスタン、バングラデシュ、スリランカ、ネパール、ブータン、モルディブ、アフガニスタン

※入力項目はラストです!頑張りましょう!!

Reference 連絡先
・Reference Name in India…インドでの滞在先
滞在予定のホテル名などを入力します(実際に泊まらなくても問題ないです)
・Address…インドでの滞在先住所
・Phone…インドでの滞在先電話番号
・Reference Name in Home Country…日本の連絡先
・Address…日本の連絡先住所
・Phone…日本の連絡先電話番号

入力項目はここで終了、このまま手続きを続ける方→Save and Continue
一旦終了する方→Save and temporarily Exit

【写真のアップロード】

もう1度確認しましょう。

顔写真(カラー)
データサイズ:10KB〜1MB
サイズ:350px × 350px以上
フォーマット:jpeg
背景色:白

・ファイルを選択をクリック
・保存しておいた写真を選択します(JPG以外のファイルを選択することはできません)
・Upload Photoをクリック

写真の範囲を選択する点線で、顔全体が入るように、そして中心にくるように調整をして“Crop and save”をクリックすると写真の確認画面になります。

これでOKの方→Save and Continue
写真のアップロードをやり直す方→Upload Image Again
ここで一旦終了する方→Save and Temporarily Exit

【パスポートのアップロード】

もう1度確認しましょう。

パスポートの顔写真ページ
フォーマット:PDF
サイズ:10KB〜300KB

・ファイルを選択をクリック
・保存しておいたPDFを選択します(PDF以外のファイルを選択することはできません)

最後のチェックボックスにチェックを入れConfirmをクリックすると最終確認画面へと移ります。申請内容をしっかりと確認しましよう。

修正が必要な方→Modify(変更する)
修正が必要ない方→Verify and Continue(確認、続行)

確認続行をクリックすると新たなIDとビザの申請料金が表示されます。
※新たなIDは必ずメモを取ってください。eツーリストビザのプリントアウト時に必要になります。

【ビザの申請料を支払う】

支払いをするカードの準備をしましょう。

クレジットカード、デビットカード(VISAかMaster Card)
ビザ申請料25USドル(2018/02時点)

※支払いへと進む前に注意書きを確認しましょう。
英語が苦手な方でもGoogle翻訳を使えば内容は理解できます。私はいつも使います笑

・支払いは別サイトに移動する
・支払いに3回失敗すると申請書が作り直しになる
・Pay Later(後で支払う)こともできる
・最低でもインド入国の4日前に支払うこと

例えばこんなことが書かれています。
ただし、インドビザはよく変更になりますので各自しっかりと確認をお願いします。

確認が済んだら“Pay Now(今すぐ支払う)”をクリックして支払画面へと進みます。
Sbi e-payを選択しましょう。

支払い画面へと移動してクレジットカード情報をすべて入力、最後に“Proceed(進む)”をクリックします。

“Payment Success”(支払い完了)が表示されたらここでビザの申請は終了です!
お疲れ様でした!!

ビザ申請時に登録をしたアドレスにメールが届きます。eツーリストビザの発行は72時間以内に行われると記載があります。ビザの承認完了メールを待ちましょう。(72時間とは言ってもそんなにかからずに承認される場合が多いようです)

ビザの承認完了メール

INDIAN e-VISA
Electronic Travel Authorization (ETA)
Dear ○○○○○

Your application for Indian e-Visa has been processed with following result

Application ID :○○○○○○○○○○
Passport No :○○○○○○○○○○
Application Status :Granted(付与)
ETA Number :○○○○○○○○○○
Nationality :JAPAN
Visa Type :e-Visa
Service Name :eTOURIST VISA
Entry type :Double

Your first arrival in India should be between ○○/ ○○/○○○○ to ○○/ ○○/○○○○(インド入国日の期限)

メールの一部です。この後に注意書きや何かあった時の問い合わせ先などが記載されているのでしっかりと確認しましょう。

 

ビザをプリントアウト

ビザオンライン申請TOP

右から2番目青の“Visa Status”をクリック

控えておいたApplication ID、パスポート番号、表示されている英数字を入力し“Check Status”をクリックします。

Application Statusが“Granted”と表示されていれば問題ないです。
表示される顔写真、バーコード付きのeツーリストビザをプリントアウトしましょう。

 

eツーリストビザの申請はこれですべて終了です!お疲れ様でした!
あとはインド旅行の始まりまでドキドキワクワクして待ちましょう♪

 

※これは2018年2月時点の情報です。
インドビザは突然変更になることがあります。変更情報を確認次第更新をしますが、ご自身でも最新情報のご確認をお願いいたします!

▶︎Embassy of India(インド大使館)

【2018年最新版】インド『観光ビザ』の取得方法を徹底解説!

2018.02.14

【徹底解説】楽チン簡単!インドのアライバルビザを取得する方法!

2017.12.24












14 件のコメント

  • ありがとうございました。
    このページのおかげで無事インドeビザを取得することができました。
    来週単身インド旅行にでかけてきます。

  • Eビザを取得しているのですが、パスポートアップロードがうまくいきません。
    アップロードはできているようなのですが、「view」画面を開くとパスポート写真が出て来ません。

    何かご存知でしょうか。

    • mさん

      こんにちは!
      パスポートのアップロードがうまくいかないとのこと、申し訳ないのですが原因がわかりません( ;∀;)
      1度終了をして再度ログインをしても表示されないでしょうか?
      mさんが無事eツーリストビザの取得ができますことを願っています。

      勝手なお願いですが、もしも解決されましたらお手数ですが教えていただけないでしょうか。
      この先eツーリストビザの取得されるにあたってmさんと同じような問題に直面した方に情報提供ができたらと考えています。
      可能でしたらで構いませんので、何卒宜しくお願い致します。

      • mさん同様に

        ”Eビザを取得しているのですが、パスポートアップロードがうまくいきません。
        アップロードはできているようなのですが、「view」画面を開くとパスポート写真が出て来ません。”

        という状況でしたが、そのまま申請を行いました。

        ビザの取得はできましたので、あまり気にしなくてもよいのかもしれません。

        • hisit

          hisitさん、情報ありがとうございます!
          そうなんですね!なにかの不具合でviewに出てこないだけでアップロードができていれば問題ないんですね!
          mさんも無事取得をされていたらと思います。貴重な情報をありがとうございました(*^_^*)

  • こんにちは!
    こちらのページを拝見し、本日無事にe-visaを取得できました。ありがとうございます!!
    来月初めてのインド旅行へ行く予定で、とても楽しみです:)

  • こんにちは!
    質問なのですが、2回目の入国の際の入国期限はあるのでしょうか?
    自分のビザを確認しても記載が無かったので…

  • 夏休みに家族でインドに行くためにe-VISAを取得しました。
    こちらのページを参考にして難なく手続き出来ました。
    一つ追加したほうが良いと思ったのは、
    Present OccupationでSTUDENTを選択すると、
    親の職業を入力する必要があることですが、
    特に迷いませんでした。

    • あひるさん

      夏休みにご家族でインド旅行、素敵ですね!
      無事e-visaを取得されたとのこと、よかったです!
      また、貴重な情報をちょうだいしましてありがとうございます。参考にさせていただきます。
      インド旅行楽しんでくださいね(≧∀≦)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!