*お知らせ*
コロナウイルスの影響により現在インドは全土でロックダウン中です(2020年5月時点)。

現地から最新の情報をYouTubeで発信していますので、インドの状況を気にかけていらっしゃる方やご興味のある方はぜひそちらも合わせてご覧ください。1日も早いコロナウイルスの終息をインドから祈っています。

インドコロナウイルス感染者数12万超!もしもロックダウンをしていなかったら…分析データが怖過ぎた!

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅やインドに関する情報を発信しながら、大好きなインドで旅行会社を設立。eビザ代行、オーダーメイドツアーなどの旅行サポートサービスを提供!


YUKINKO BLOGをご覧の皆さま、こんにちは!

これまでインドのコロナウイルス関連のニュースは、ほぼリアルタイムでYouTube(ゆきんこチャンネル/Yukinko)から発信しています!よろしければそちらも合わせてご覧ください!

この記事でお伝えすること
・インドのコロナウイルス感染者数最新情報
・もしもインドがロックダウンをしていなかったら

※動画でもご覧いただけます。画像をクリックするとYouTubeが開きます。

インドのコロナウイルス感染者数最新情報

インドのコロナウイルス感染者は昨日(5/22)1日で6,654人増加、1日の最多記録を2日連続更新、感染者数合計は12万人を超えました。

※以下感染者数はすべて2020/5/23 AM8:00 インド政府発表のデータとなります。

インドコロナウイルス感染者数

総感染者数→125,101人(前日比+6,654人)
現在感染中→69,597人(+3,267人)
治癒→51,784人(+3,234人)
死亡→3,720人(+137人)

【ポイント】
・2日連続1日6,000人超えの増加数でした。
・2日連続1日の最多記録更新しています。
・1週間ほど前から1日の増加人数は平均5,000人のペースでしたが、一昨日から6,000人にペースが上がりました。

感染者数が多い州TOP4

1位→マハーラーシュトラ州(Maharashtra):44,582人(+2,940人)
州人口:約1億3,000万人(2位)、州都:ムンバイ(Mumbai)

2位→タミルナードゥ州(Tamil Nadu):14,753人(+786人)
州人口:約8,300万人(7位)、州都:チェンナイ(Chennai)

3位→グジャラート州(Gujarat):13,268人(+368人)
州人口:約7,200万人(10位)、州都:アフマダーバード(Ahmadabad)

4位→首都デリー:12,319人(+660人)
人口:約1,100万人 ※デリーは連邦直轄地域です

【マハラシュトラ州】
1日の感染増加数は5日連続で2,000人超え、昨日は過去最多の2,940人増でした。
・州の感染者数は44,582人とインド全体の35%、死者は1,517人と全体の40%を占めています。
・州都ムンバイの感染者合計は27,068人、死者909人と、どちらもマハラシュトラ州の60%を占めています。
・感染者数の増加に対処するため8月31日まで州内すべての私立病院のベッドの80%をコロナウイルス感染者のために確保しました。

【首都デリー】
1日の感染増加数は4日連続1日500人超え、昨日は過去最多の660人増でした。

1位→マハラシュトラ州:44,582人
2位→タミルナードゥ州:14,753人
3位→グジャラート州:13,268人
4位→首都デリー:12,139人
5位→ラジャスタン州:6,494人
6位→マディヤプラデーシュ州:6,170人
7位→ウッタルプラデーシュ州:5,735人
8位→西ベンガル州:3,332人
9位→アンドラプラデーシュ州:2,709人
10位→ビハール州:2,177人

※上位4州の合計感染者数はインド全体の68%を占めています。

もしもインドがロックダウンをしていなかったら

興味深いニュースを見ました。政府機関によると、様々なデータ分析からロックダウンのシーズン1とシーズン2でインド国内の感染率を大幅に低下させ、140万〜290万人の感染者と3万7,000〜7万8,000人の死者を回避したとしています。このデータ分析には少なくても5つの異なる機関が関わっているそうです。

つまり、インドがロックダウンをしていなかったら

現在の感染者数:12万人→140万〜290万人
現在の死者数:3700人→3万7,000〜7万8,000人

このようになっていたということです。あくまでも分析データ上ですが。

怖すぎます。

ロックダウンシーズン1とシーズン2合計で40日間、この時のロックダウンは政府や医療など特別な機関や生活必需品のサービス以外の経済活動はほぼ全ストップ、外出は生活必需品の買い出しのみ許可されるという厳しい外出禁止令でした。

でもこのロックダウンにより急激な感染増加を抑えて、その間に病院のベッド数や検査能力、その他の様々な準備をするための十分な時間を得たようです。

ロックダウンシーズン1が始まったのは今から約2ヶ月前の3月25日、インドの感染者数はまだ500人程度でした。その時はインドは手を打つのが早いな…ぐらいに思っていましたが、あの時ロックダウンを決断していなかったらと考えるとゾッとします。

ロックダウンシーズン1とシーズン2でほぼすべての経済活動を40日間停止し、人が接触することを極限まで阻止したことにより、まずは準備も整っていない中で感染が爆発、医療崩壊をして打つ手がなくなってしまうという1番最悪な状態は回避したということです。

そう考えると、今の感染者数12万人というのは褒めてもいい数字なのかもしれません。

まとめ

インドはロックダウンもシーズン4に入り、また新たなステージが始まりました。

来週月曜日からは規定の範囲内ではありますが約2ヶ月間に渡って停止していた国内線が運行を開始、また特別列車も来月さらに200本の追加運行が決まっています。

これまで以上に人が外出・移動をしますので、感染者数はこの先さらに急速に増加すると思いますが、経済活動の再開、立ち往生をしていた方々の帰省、前に進まなければいけません。引き続き現地から最新情報をお届けします。

※動画でもご覧いただけます。画像をクリックするとYouTubeが開きます。











YUKINKO BLOGをご覧の皆さま
いつもありがとうございます。

もしもこの記事が役に立った!気に入った!という方がいらっしゃいましたら、サポートをしていただけたら嬉しいです(≧∀≦)


【Amazonギフト券(Eメールタイプ)】
受取人(ゆきんこ)のEメールアドレスとご支援金額の二箇所を入力するだけです。
●ゆきんこのEメールアドレス:yukinkoblog55★gmail.com
(お手数ですが入力する時は★を@に変えてください。)
●手数料不要、15円から送ることができます!
(あらかじめ入っている金額はAmazonの設定ですので気になさらないでください)
●匿名で送ることも可能です!

今後も少しでも皆さまにお役立ていただけるような記事をシェアしていきたいと考えています。よろしくお願いいたします(≧∀≦)



インドでお困りのことはございませんか?


自分の知識や経験が誰かの役に立ち、誰かの経験や可能性を広げることに繋がったら最高に嬉しい。インドへ移住して3年、現地で旅行会社を設立しました。現在は大好きなインドで様々な旅行サービスを提供しています。インド旅行に不安がある方、サポートを必要とする方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!!

LINEでもお問い合わせを受け付けております!お気軽にどうぞ!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅やインドに関する情報を発信しながら、大好きなインドで旅行会社を設立。eビザ代行、オーダーメイドツアーなどの旅行サポートサービスを提供!