世界一周費用徹底分析!費用を抑えるコツはこれだ!

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!




“世界一周の旅に出よう”

そう思い立ったものの、世界一周をするのに一体いくらかかるの?
航空券代、宿泊費、食費、観光費、お土産も買って…まるで想像ができませんでした。
そんな方へ、私の経験が少しでも役立つ情報になると幸いです(≧∀≦)

本日のテーマ
世界一周の費用を抑えるコツ

世界一周っていくらかかるの?

これは本当に人それぞれで答えはとっても難しいことだと前回の記事で書きました。

その人がどんな旅をするのか、どこへ行くのか、なには節約できて、これだけは高くても譲れないというものはなんなのか、それによって旅費用は数十万単位で変わってくると思うのです。要は、

旅の費用=その人の旅スタイル×旅期間

ということです。

それでも、自分自身の中である程度の費用の予測は立てたいところです。なんとなく自分だったらいくらぐらいかな…とイメージをしてもらえるようにと、前回は私の旅スタイルと期間、そして実際にかかった費用をお伝えしました。

今日は私の世界一周の経験から考えた、資金面の負担を軽くする方法、旅資金を抑えるコツをテーマにお話をしたいと思います。

世界一周費用徹底分析!旅スタイルから見る世界一周費用!

2017.11.13

世界一周の費用を抑えるコツ

これから挙げることはもしかしたら少し乱暴に思えるかもしれませんが、あくまでもご自身の予算によって、選択肢の1つとしてこういう方法もある、というように思っていただけたらと思います。めげないでくださいね!

興味のあるなしを知る

まずは自分がどういうタイプか知ることから始めましょう。もしかしたらこれが1番重要かもしれません。美術館なんかまったく興味がないのになぜか美術館巡りをしてしまうとか、トレッキングなんか全然好きじゃないのに何日も歩くツアーに入ってしまうとか、旅の初期の頃に意外とやってしまいがちなことかもしれません。私は美術館や博物館なんて全然興味がないのに、ガイドブックに載っている有名なところだからとか、出会った人に誘われたからとか、自分の行きたいという意思ではなく、”行くべきなのかもしれない”に振り回された行動をしていたように思います。行ったことやしたことが無駄というわけではありません。限られた予算は自分のやりたいことに使うのがベストということです。

ルートは一方通行

費用で1番大きな割合を占めるのは“移動費”です。詳しくは前回書いた記事をご覧いただけたらと思うのですが(記事の最初の方と最後に関連記事のリンクを張っています)、私の移動費は総費用の約45%にもなりました。事情があって旅行中4度も日本へ一時帰国をした影響が大きいですが、そのせいでルートが行ったり来たりになってしまい、南米に2度行ったのもかなり費用がかさんだ理由です。実際に旅に出てしまうとルートは変わりますし、きれいに無駄ないルートを組むというのはすごく難しいですが、その大陸内で行ったり来たりはあっても、大陸を越えての移動はできる限り一筆書きルートに近づけるのがベストです。

西回り例:日本→アジア→中東→ヨーロッパ→アフリカ→南米→中米→北米→日本
東回り例:日本→北米→中米→南米→アフリカ→ヨーロッパ→中東→アジア→日本

この例で言うと、太平洋と大西洋を渡る2回とどうしても陸路で抜けられないところぐらいしか飛行機に乗らずに済むんじゃないでしょうか。時間はかかるけどかなり航空券代を節約できますね。かなり究極ですが(^◇^;)

カウチサーフィンを活用

カウチサーフィンとは海外旅行などをする人が、他人の家に宿泊させてもらう(カウチをサーフさせてもらう)という形式の相互的な思いやりや信頼による制度である。コミュニティーの軸にしたウエブサイトにて、プロフィール、身分確認制度、メンバー同士の評価等により、世界各地のメンバー間で連絡を取り相談の上で宿泊が決まる。(Wikipediaより抜粋)

これは私がチャレンジしたい、しよう、そう思っていたのに結局最後までチャレンジしなかったことです。カウチサーフィンは宿泊費を浮かせられるというだけではなく、その国に住む人の生活や文化に触れることができるというのも大きなメリットだと思います。とは言え、宿泊費の高いヨーロッパ旅などで利用するのはかなりの節約になるはずです。

私の世界一周宿泊費平均が1100円だったのに対し、1泊平均が3000円を超えていた国、アメリカやヨーロッパ諸国(フランス、ドイツ、イタリア)などで利用できたらかなりの節約になったかなと思います。

滞在期間の配分を意識する

簡単に言うと、物価の高いところに長居はせずサクッと旅行を楽しみ、物価の安いところでのんびりじっくり過ごすという作戦です。私は物価の高いヨーロッパは最初からハイスピードで回る計画を立てていました。エリア別の費用、以下私の例ですがご参考ください。

●ヨーロッパ(3ヶ月):約70万円
●アジア(4ヶ月):約35万円
●中南米(4ヶ月):約50万円
●アフリカ(4ヶ月):約70万円
※すべて航空券を除く滞在費。中南米は2回目に行った時はイースター島やガラパゴスにも行ったので同じ期間でも+10万円ぐらいになったかと思います。

アジアは世界中でダントツ安いです。単純にヨーロッパに3ヶ月しかいれない費用でアジアなら半年以上滞在できるということになります。ですので、アジアはゆっくり旅をしてヨーロッパは行きたい場所をピンポイントで回るというのはコストを抑えられる回り方だと思います。そして物価が安そうなアフリカが意外と高いという結果です。私はマダガスカルに行ったのでその費用15万円ぐらい加算されていますが。でもアフリカは意外とお金がかかったと言う人が多いのは事実です。ビザの取得が必要な国が多いこと、サファリや現地ツアーなど観光費がかかることが多いこと、安全にお金を払うことも多いことなどが挙げられるかと思います。

島飛ばし

“島”は基本的には往復航空券代がかかること、そしては総じて物価が高いので、どこに行っても本土よりはお金がかかることになります。世界には魅力的な島がたくさんありますので辛い選択にはなりますが、島を飛ばすというのも1つの選択肢だと思います。という私は最初に南米に行った時に行きたいと思っていたガラパゴス諸島とイースター島を”島飛ばし”して行かなかったのですが、やっぱり諦められずそのあと南米に再訪、両島とも行ってしまいましたが笑

参考までに、
●マダガスカル(14日間):15万円(1万円/日)
●イースター島(6日間):6.5万円(1万円/日)
●ガラパゴス諸島(14日間):10万円(7000円/日)
※すべて往復航空券代含む

私の旅は総費用540万円(準備費用除く)を単純に旅期間(889日)で割った1日平均費用は約6000円でした。1日の平均費用が1万円になる島旅はやはりかなりお金がかかっていることになります。これもバランスだと思います。どうしても行きたいなら、私は行くべきだと思います!

大陸飛ばし

大陸飛ばしの人には旅中多く会いました。時間の都合の人も多かったですが、コストの関係もそうです。ヨーロッパは歳をとってからでもいいしいつでも行けるからほとんど行かないっていう人や、アフリカ大陸はモロッコぐらいであとは次のチャレンジにするという人もいました。感覚的にはアフリカは飛ばす人が多かったように思います。私はアフリカ大陸陸路縦断!という目標があったのでチャレンジをしましたが、時間もお金もある程度かかる大陸だなと思います。私的には行きたいところを点で残すよりも、思い切って大陸飛ばしした方があとから訪れる時に楽チンな気がします。

おまけ!旅スタイル診断!あなたはどっちのタイプ?

好きなこと嫌いなこと、興味のあることないこと、人それぞれですが、旅人は大きくふたつのタイプに分かれると私は思います。これによってかかる費用もまた変わってくるので、自分はどちらのタイプかなーって見ていただけたらと思います。

▶︎好奇心旺盛で刺激的な毎日が大好き!

知らない場所へ行くことや移動自体にも楽しみを見出すタイプ=お金がかかるタイプ

▶︎ゆっくりじっくりのんびりと穏やかな時間が大好き!

長くひとつの街に滞在をして暮らすように旅をするタイプ=お金がかからないタイプ

あなたはどちらでしょうか?私は間違いなく前者です。行ったことのない場所に行きたい!という感情が強く、次の街!次の国!ってどんどん進みたいタイプです。一方、ここに何泊してるの?と聞くと、1週間、2週間、1ヶ月、なんて、私からしたら、え!?毎日何してるの!?っていうぐらいスローペースで旅をする人もいるのです。

面白い結果があるのでご紹介します。

私は世界一周の後半で後者ののんびりタイプの旅人と行動を共にして、どちらかというと彼のペースに合わせた旅をした時期があります。その時に再訪した国があったので1日あたりの費用平均を比べてみました。

●メキシコ(ゆきんこ流アグレッシブ旅):3600円/日
●メキシコ(のんびりスロー旅):3000円/日

●グアテマラ(ゆきんこ流アグレッシブ旅):3500円/日
●グアテマラ(のんびりスロー旅):2600円/日

動けばお金がかかる、当然と言えば当然ですが(^◇^;)
1日で600円違ったら1年で22万円、900円違ったら33万円違うようです。怖い!!

でも仕方がないのです。みなさん自分の旅をしてくださいね!じっとしているなんてもったいない!どこかワクワクする場所へ行きたーい!というタイプの方は少し多めの資金のご用意を!!笑

まとめ

いかがでしたでしょうか?

“バックパッカーの旅=節約旅”というイメージが強いかと思います。実際に多くの人が限られた予算の中で旅をしていますし、皆節約を意識しながら旅をしています。もちろん私もそうでした。ただ、世界一周旅の最優先事項が節約ではありません。

時には贅沢をしていいホテルに泊まったり、節約を忘れて高級レストランで食事をしたり、そういう日があってもいいのです。自分がどうしても行きたいと思う場所にいくら払ったっていい、せっかくの旅行なんですから。

旅は毎日選択の連続です。節約もあくまでもその中のひとつだと思います。自分ができる範囲で賢く費用を抑えつつ、皆さんが少しでも多くの目的地へ行けますように、少しでも多くの夢が叶いますように。

世界一周費用徹底分析!旅スタイルから見る世界一周費用!

2017.11.13












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!