インド旅行のお金事情!両替、ATM、インドルピーを入手する方法!

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!


インドの通貨は“インドルピー(INR)”です。

インドルピーは国外への持ち出しが禁止となっているので、他の国へ旅行をする時のように、旅行前に日本で両替をして事前にインドルピーを入手するということはできません

つまり、現地通貨インドルピーはインドに来てから入手をしなければいけないということです。

今回は、インドへ入国してからのインドルピーの入手方法についてお伝えしたいと思います。

本日のテーマ
インド旅行のお金事情!両替、ATM、インドルピーを入手する方法!

インドの通貨

インドの使用通貨はルピー(INR)です。
※数年前まで(?)はパイサーというルピーよりも小さい単位の通貨があったようですが、もしかしたら今もあるのかもしれませんが私は1度も見たことがありません。

お金の種類

インドルピーは紙幣が8種類、硬貨が4種類あります。

紙幣は大きい方から、2,000Rs、500Rs、200Rs、100Rs、50Rs、20Rs、10Rs、5Rs、です。5Rs札は写真にありません。あまり見かけることはありませんが、お釣りなどでもらった時に偽札じゃないかと不安にならないように、5Rsという紙幣が存在することは知っていてください。

200Rs札はまだ新しい紙幣なので、まだそれほど多くは流通していません。

50Rs札と10Rs札は新しい紙幣ができましたが、旧紙幣も変わらず利用されていますのでどちらを持っていてもまったく問題ありません。

 

硬貨は大きい方から、10Rs、5Rs、2Rs、1Rs、です。

10Rs硬貨は1種類ですが、それ以下の硬貨はいくつか種類があって戸惑うかもしれませんが、全部同じように使えますので安心してください。

 

レートの確認方法

海外旅行の使えるアプリで必ず挙げるのが「為替レート」のアプリです。これはもう旅行のマストアプリと言ってもいいです。レートを知らなければ両替をお得にすることができません。無料アプリがたくさんあるので自分が使いやすいものを使ったらいいのかなと思いますが、私が世界一周中から愛用しているアプリを紹介します。

“為替レート 無料”とかで検索したら出てくると思います。

これが特別優れているというわけではなく、私は使い慣れているからという理由で使っていますので、他にいいアプリがあればそれでいいと思います。

ここではアプリの詳しい使い方は割愛しますが、1番上の日本円のところに金額を入力すると、自分が登録している通貨ではいくらになるのかという金額が表示されます。ここでは現在のレートで10,000円=6,436.2135インドルピーということになります。

両替には当然手数料がかかりますので、それがどのぐらい取られるかということでレートの良い悪いを判断するといいと思います。10,000円で6,200ルピーくれるところもあれば10,000円で5,800ルピーしかくれないところもあります。これを見ることによって法外なレートで両替してしまうことを避けることができます。

インドルピーの入手方法

両替をする

両替は空港やホテル、銀行、街中の両替所ですることができます。

インドはおそらくよほどの田舎に行かない限りは日本円からの両替ができると思って大丈夫です。田舎に行く予定のある方はUSドルやユーロなどを持参する方が安心かと思います。

両替レートは一般的に空港→ホテル→銀行→街の両替所の順に良くなっていきます。

空港はレートが1番よくないので、高額の両替はせずにとりあえず必要な分の両替にとどめましょう。だいたいどこに行っても、特に観光地には両替所がたくさんあるので、レートを確認してよければそこで両替するのが1番レートがいいと思います。

インドでは両替時に”偽札が混ざっていた”との被害は耳にしたことがありませんが、意図してかただのミスかはわかりませんが金額を間違って渡されていたということはあるみたいなので、渡されたルピーはしっかりとその場で数えましょう。

心配な方は、街の両替所よりはレートが悪くなるかもしれませんが、ホテルで両替してもらうといいと思います。

ATMを利用する

ATMは信じられないぐらいのど田舎に行かない限りは、空港や街中どこにでもあります。

クレジットカードやデビットカードで現地通貨を引き出すことができます。

デビットカードは主に銀行が発行しているカードで、決済した瞬間に自分の銀行口座からお金が引き落とされる、キャッシュカードのような仕組みのカードです。クレジットカードは即時決済されず、そのカード会社が定める指定日に決済となるので、簡単に言うとその期間はカード会社にお金を借りている状態となり利息も発生します。

クレジットカードとデビットカードにはそれぞれメリットデメリットがあり、海外旅行先で一体どちらのカードを使ったらいいの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、それはまた別途記事にできたらなと思っているので今回は割愛させていただきます。ごめんなさい( ;∀;)

ただ、1つ重要なのはATMでクレジットカードを使用して現地通貨を引き出そうと思っている方はご自身のクレジットカードにキャッシング枠があるかどうか、その上限金額はいくらかどうかは必ず確認しておきましょう。

クレジットカードさえあれば旅行先のATMでお金が引き出せると思っている方もいらっしゃいますが、そもそもキャッシング枠のないクレジットカードはショッピングでしか使用できませんのでご注意ください!!

インドのATMの上限引き出し金額は1回につき10,000Rs(約16,000円)です。1回につき、なので再度カードを入れてまた最初から操作すれば何度でも10,000Rsを引き出すこともできます。ATM手数料は0〜300Rs(約480円)ぐらいです。ちなみに、State Bank Of Indiaというブルー系の看板の銀行ATMはATM手数料が無料ですので、私はいつもそのATMを利用しています。

ATMの利用方法

ATMの利用方法はその国によって違います。

インドのATMは、日本とは違ってカードを差したままで操作をしません。カードを入れて、読み込ませて、すぐに抜きます。

①カードを差し込む。

②奥まで入れる。

③カードを抜く。

カードが読み込まれていたら暗証番号を入力する画面に移ります。

もしも次の画面に移らなかったら、カードが読み込まれていないのでもう1度抜き差ししてください。程よいスピードがあります。

カードが読み込まれて画面が変わってPINという文字が出たら、4桁の暗証番号を入力します。

次に”CASH WITHDRAWAL(現金引き出し)”を選択します。

次にクレジットカードのキャッシングであれば”CREDIT”を選択、

デビットカードの場合は”SAVINGS”を選択します。

次に引き出したい金額を入力します。

インドのATMの最大引き出し額は1回につき10,000Rsまでです。再度カードを入れてまた最初から操作すれば何度でも10,000Rsを引き出すことはできます。

画面が切り替わって「シャシャシャシャ」というお金を数える音が聞こえたら、もうお金を受けとるのみです!お疲れ様でした!!

インドのお金あれこれ注意点!

◆高額紙幣は積極的にくずす
これはインドあるあるですが、本当にどこに行ってもお釣りがないお釣りがないと言われます。支払いをスムーズに済ますためにも、インドでは高額紙幣は崩せる時に崩しておくが鉄則です。特にトゥクトゥク乗車時はドライバーさんはまずお釣りは持っていないものと思って、交渉した金額がちょうど渡せるように小額紙幣を用意しておくべきです。

◆破れた紙幣は受け取らない
これもインドあるあるなのですが、破れた紙幣が流通しているにも関わらず、こちらがどこかで受け取った破れた紙幣を使おうとすると受け取りを拒否される場合が多いので、両替時に関わらずお釣りをもらう時も紙幣を確認して破れていたらその場で替えてもらいましょう。

◆日本円は1万円札だけじゃなく小さなお札も用意してくる
「あと少しだけ両替したい」という時に1,000円札や5,000円札があると便利です。両替所では基本的に日本円のお釣りはもらえないと思ってください。1万円札しか両替をしてくれないという両替所もありますが、ホテルなどは融通が効くところも多いと思うので、あると便利です。

◆ATMはなるべく午前中に利用する
日本では考えられないことですが、インドのATMは夕方ぐらいになるとNO CASHと紙が貼られてATMが使用不可になることも珍しくないです。特にpublic holiday(祝日)前後はATMを利用する人が多いのでその現象が起きやすいです。ATMの利用はなるべく早い時間がオススメです。

 

いかがでしたでしょうか。

インドでの現地通貨ルピーの入手は、特別難しいことでもないです。基本的には普通に日本円から両替ができて、普通にATMが利用できますので、安心してインドへいらしてくださいね(*^▽^*)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は70か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。 パソコン1台で収益をあげながら、いつでも行きたい場所に行ける、住みたい場所に住める、自由に世界中を飛び回れる、そんな最強の自由人を目指して奮闘中!現在は旅の魅力やノウハウ、インドに関する情報を発信しています!